完全攻略ロト6

ロト6と税金

宝くじやロト6を買って当選発表の日まで、あたったら何を買おうとか、家を建てようとか、色々と思いつきますね。この宝くじやロト6の当選を楽しみにしていなくてロト6を買う人なんて1人もいないのではないでしょうか。そこで当たったときの事を考えると、1つ疑問があります。宝くじやロト6のが当たった時の当せん金には税金がかかってしまうのでしょうか?これは、1万円ぐらいの賞金の場合だとあまり気になりませんが、高額当選した時に気になる問題ですよね。競馬などで一発当てると1万円なんて軽く超えてしまいますし。そう考えると競馬ってすごい…んですが、まあ、次をご覧下さい。

ロト6に税金はかかるのか

宝くじの事を定めた法律の当せん金付証票法・第13条によれば、当選金付証票の当選金品について、所得税を課さないとあって、非課税扱いになりますので、個人で受け取るロト6の当せん金は所得税はかからないのです。

還元率が50%以上もあるロト6なので、高額当選して税金まで掛かってはたまりませんね。当たり前ですね。ですので、3億円でも4億円でも当選しても、税金はかかりませんので、確定申告の必要もありません。

ただし何人かでお金を出し合ってグループ買い等をして高額当選をしたときには、当選金の受け取りをするときに、受け取る人全員の署名と捺印がしてある委任状で○人で購入したと言う事を証明しておく必要があるのです。そうしておかなければ、当選金の分配をした時に、その配分を受け取った人には贈与税という税金がかかってしまう事になりますので注意しておきましょう。

しかし、ロト6と違って懸賞やクイズの賞金というものには一時所得といって、課税の対象として、税金がかかってしまいます。一時所得の対象になるものとして、生命保険契約、損害保険契約の満期返戻金、懸賞賞金、福引の当選金品、遺失物の拾得での報労金、競馬や競輪等の払戻金、借家人の受け取る立退料などがあります。

宝くじ 当せん金付証票法

当せん金付証票法は、1948年7月12日に公布された宝くじの販売などの規制をする法律です。

注目サイト

歌舞伎町でヘアメイクをする

呼び出しチャイムを設置

還暦祝い プリザーブドフラワー

ステカ シート

2017/9/12 更新